So-net無料ブログ作成

海底遺跡めぐりの同乗者 [ゆんたく(沖縄の言葉、井戸端会議)]

昨夜申し込んだ「海底遺跡のジャックス・ドルフィン号」の迎えのバスが民宿まで迎えに来てくれた。
最初は私1人だったが、途中「アイランドリゾートの宿泊者2名」を、更に別の地点からと、7名が
ジャックス・ドルフィン号を停泊させている久部良港に向かった。
出港の12:00までに10名ほどの参加者が乗船した。

海底遺跡の場所に着くまでは20分ほど掛かるのだが、西崎灯台を海上から眺めたり、船のエンジン音で驚いたトビウオが、海面50cmくらいの所を100メートルほど飛んで行くのを3回ほど出くわした。

さて、ゆんたくの一人目は、船が出港するまでの間、隣に座っていた男性に、私のデジカメの中の写真をスライドショーの機能で見て貰った。
そして、名刺は渡したが、その男性の住所などは聞き忘れた。

もう一枚の名刺を、アイランドリゾートの宿泊者にも渡した。
この人達とは、その後、祖納集落の路上で、奥さんが運転するレンタカーとすれちがう事となり、4畳半ビーチと6畳ビーチを案内する事となった。


コピー ~ 2s.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。