So-net無料ブログ作成
検索選択

与那国民俗資料館・館長さん [ゆんたく(沖縄の言葉、井戸端会議)]

netで「与那国民俗資料館とか池間苗」とかを検索するとズラズラと沢山の情報が表示される。

実は、私は与那国に来るまで、「与那国民俗資料館、池間苗」に付いては全く知らなかった。
民宿の女将に、ゆんたくが目的なら、「与那国民俗資料館」に行って来たかと・・・・

そこで、ここを訪ねる事となる。

館長の池間苗さんは、ご高齢にもかかわらず、話始めると、とめどなく長話になる。
私がここを訪ねたのは、11時過ぎ、徳島から来たという二人が帰ってから、奥の自宅に行き、
インスタントコーヒーのビンとカップを持ってきて、自分で分量を入れなさいと言う。
再度奥へ行って、お湯を注いできた。
コーヒーを飲みながら、台湾に移住した頃の思い出話、沖縄本島での与那国島の存在話しを始めたから、資料館の展示物の説明などはそっちのけ、お腹もすいた。

訪問者が最初に渡されるのはB4サイズの大学ノート、そこには、日にちと住所と氏名を書く。
池間さんの机から数十冊のノートが出てくる。
全国各地からの訪問者がおり、それらの人たちと話しをすると楽しくなり、若返る秘訣とか。
貴方も、館長の池間さんと逢う時は、1時間や2時間を覚悟して資料館を訪れる事にして下さい。
見学者が3人揃った所でやっと展示されている島の古い道具などに付いて説明し始めた。
二番目に来た人が次の予定があるからと・・・帰りかけたので、わたしもと・・・。
腹ペコで、お昼の出来る店探しに出掛けた。

与那国民俗資料館はいつも開館しているわけでもなさそう。
体調の優れない時は、閉館しているので、運が良ければ、お会いできます。
本も自費出版されており、沖縄の有名人である。
大正8年生まれで、誕生日が来ると90歳になるそうだ。


17s.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。