So-net無料ブログ作成
検索選択

「まいふな」の工場見学 [ゆんたく(沖縄の言葉、井戸端会議)]

祖納集落に工場を持っていたが、現在は祖納集落と久部良集落の間の幹線道路沿いに新工場がある。
見学者も受け入れられているので、酒造現場を拝見させて貰った。

今日は休日なので、社長さん1人で機械類を操作していた。
もっとも、最新式の機械が導入されていてるので1人で充分らしい。

米を蒸し、黒麹菌を種付けし、40時間(約3日間)してから、タンクに麹と水を入れて酵母として13日間(約2週間)発酵させる。
モロミを2~3時間蒸留させて、原酒を造る。
大きな甕に入れて、3ヶ月ほど熟成させ、水を加えてアルコール度数を調合する。
最終工程は、ろ過して瓶詰めして「ブランドの泡盛として」出荷されるのである。

この工程について社長の入波平浩伸さんから詳しく教えていただきました。
写真も撮り放題で、私のホームページとしてもまとまりがありそうです。

P1360122s.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。