So-net無料ブログ作成

与那国織(よなぐにおり)の工房を訪ねて [ゆんたく(沖縄の言葉、井戸端会議)]

2008年4月23日、「与那国町伝統工芸館」を訪ねたが、あいにく撮影は禁止との事、しかし、あきらめきれず、宿泊した「こみね旅館」の女将に、祖納の集落で、機織している所を見つけたので、インタビューの 交渉をして貰えないかと直談判。
地元の人は恥ずかしがりなので写真撮影は無理だよと・・・。

四苦八苦した女将は、比川集落に、20年前に東京から移住して来て、今では個人工房を
開いている 人がいる事を思い出した。
旅館の娘さんが電話で、撮影交渉を行ってくれる。 

4月27日、午後、出直して、一時間ほど「ゆんたく」、「織工房 ていぬ花」を取材させていただいた。
20年前、東京・青山で服飾関係のデザインをしていた職業を捨て、離島に旅する。
与那国で織物に出会い、比川集落に移住した。
修行中は生活のため、収入をサトウキビの刈り取りや地元のお手伝いや色々なアルバイトをこなしたとか ・・・・。

後日、netで知る事になるのだが、
仕事関係の方のブログから、、「与那国町伝統工芸館」の理事長さんとのこと。

自宅の裏庭で、葉っぱを煮詰め染色用の煮汁取り、
庭に生えている「苧麻(ちょま)」から糸を取り出す手順、
横糸用の糸玉を作り、
機織機に座って作業と、 ・・・・


その間にも、見学者の手作り品の求めにも対応し、忙しい中、一連の流れを事細かく、無知な私に解説して下さいました。

205s.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。